巻柏の全国展示大会について

全国展示大会とは?

 例年10月ないし11月に東京都神代植物公園を会場として、巻柏の全国展示大会が開催されています。本会の会員が手塩にかけて育てた秀逸な巻柏の作品が全国から持ち寄られ、さらに大会審査委員によって選び抜かれた入賞作のみが展示されます。巻柏の美術品株を是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。会期はおよそ1週間で、どなたも無料で見学することが出来ます。
(公園の入園料は必要です)


第67回巻柏の全国展示大会

【期日】令和元年10月22日(火)~27日(日)
【時間】9時30分~16時まで
【場所】
東京都神代植物公園 植物会館展示室 >>>地図 
【主催】公益財団法人 東京都公園協会
【共催】日本巻柏連合会
【後援】東京都

【懸賞品目】
☆ 以下の部門があります。
1.優秀作の部 大物 高さ40cm、巾35cm以上
2.優秀作の部 中物
 高さ40cm、巾35cm以内
3.優秀作の部 小物 高さ、巾共に20cm以内
4.銘木の部
5.創作の部
6.美術品の部:

泰平冠、富士之華、玉川染、金龍、黄金ノ華、都紅、紅孔雀
7.個人賞の部:

紫金襴、喜泉冠、白綾、黄王冠、牡丹冠、旭光、立浪、花車、彩ノ王、近江大黄、玉宝、夕映 


耳より情報

☆ 会場内には「巻柏の即売コーナー」があります。 
☆ 会期最終日の午前10:30から
、「植え替え講習会」を行います。例年、参加者には無料のイワヒバ小苗を配布します。