日本巻柏連合会のホームページへようこそ!

巻柏と書いて「いわひば」と読みます。

 

- 紅葉するシダの仲間です。紅葉した葉は落葉せずに、翌春に緑色に戻ります。

 

- 現在では200種類以上の品種が登録されています。江戸時代から愛好家が栽培し続けている古典園芸植物です。「銘鑑」と呼ばれる番付表が当時から記録されています。

 

- 太陽が作り出す芸術とも呼ばれ、季節によって様々に色が移り変わります。オレンジ色、黄色、白色、紅色、紫色、、、。葉の形や株の姿も様々!葉芸を是非見比べてみて下さい。

 

- 実に成長の遅い植物。手のひらサイズでも10年程度経過しています。展示会では何十年もの歳月を経た銘品クラスを見ることが出来るでしょう。

 

- 水が切れても枯れません!乾燥したり、寒くなると葉が丸まって休眠状態に入ります。環境が良くなるとまた葉を開きます。


<最新のお知らせ>

宮城みちのく・福島支部からのお知らせ
令和4年10月1日~2日、宮城みちのく支部と福島県連巻柏連合会会員との合同展示即売会を開催する事になりました。会場は、宮城県伊具郡丸森町東69 丸森物産いちば八雄館、時間は、9時~17時です。皆さま方のご来場をお待ちしております。よろしくお願いします。

>> 続きを読む

栃木支部からのお知らせ
令和4年9月18日に予定していた栃木支部交換会ですが、栃の葉会いわひば展示会と日程が重なった等の理由から、中止させて頂く事となりました。大変申し訳ございません。 栃の葉いわひば展示会は、9月16日~9月19日、栃木県宇都宮市睦町2-50 栃木県中央公園で開催されます。時間は9時~17時、写真は令和元年の展示会の様子です。コロナ感染症蔓延の影響で3年ぶりの開催となります。又、9月17日10時より、いわひば入門講習会も開催します。併せて会期中は、いわひば即売も実施しておりますので、皆さまの起こしをお待ちしております。

>> 続きを読む

福島相双支部展示会が開催されました
  福島相双支部の展示会が、6月25(土)~6月26日(日)南相馬道の駅「野馬追の里」展示ホールにて開催されました。花木といわひばの、寄せ植え竹を利用した寄せ植えから年代物、珍品等多くが展示されました。 福島相双支部は、会員10名ほどですがアイディアを持った方が沢山います。次回は秋の展示会を予定しております。

>> 続きを読む