日本巻柏連合会のホームページへようこそ!

巻柏と書いて「いわひば」と読みます。

 

- 紅葉するシダの仲間です。紅葉した葉は落葉せずに、翌春に緑色に戻ります。

 

- 現在では200種類以上の品種が登録されています。江戸時代から愛好家が栽培し続けている古典園芸植物です。「銘鑑」と呼ばれる番付表が当時から記録されています。

 

- 太陽が作り出す芸術とも呼ばれ、季節によって様々に色が移り変わります。オレンジ色、黄色、白色、紅色、紫色、、、。葉の形や株の姿も様々!葉芸を是非見比べてみて下さい。

 

- 実に成長の遅い植物。手のひらサイズでも10年程度経過しています。展示会では何十年もの歳月を経た銘品クラスを見ることが出来るでしょう。

 

- 水が切れても枯れません!乾燥したり、寒くなると葉が丸まって休眠状態に入ります。環境が良くなるとまた葉を開きます。


<最新のお知らせ>

東海支部秋の展示会
東海支部秋の展示即売会は11月2日(土)及び11月3日(日)に、日本ライン花木センター(岐阜県可児市土田)で開催されました。支部会員が愛培した見事な美術品株が展示されました。連休中は天候にも恵まれ、多くのお客様がご来場下さいました。来年度もまた皆様のお越しをお待ちしております

>> 続きを読む

東京支部秋の展示会
  令和元年11月2日(土)~4日(月)東京支部の秋の展示会を国営昭和記念公園 花木園展示棟で開催いたしました。講習会、即売会では、色づき始めた巻柏を鑑賞しながら、会員の巻柏育成の話にも熱が入っていました。また3日間多数の方にお越しいただき、盛況の中今年度の行事を無事終えることができました。ありがとうございました。  

>> 続きを読む