日本巻柏連合会のホームページへようこそ!

巻柏と書いて「いわひば」と読みます。

 

- 紅葉するシダの仲間です。紅葉した葉は落葉せずに、翌春に緑色に戻ります。

 

- 現在では200種類以上の品種が登録されています。江戸時代から愛好家が栽培し続けている古典園芸植物です。「銘鑑」と呼ばれる番付表が当時から記録されています。

 

- 太陽が作り出す芸術とも呼ばれ、季節によって様々に色が移り変わります。オレンジ色、黄色、白色、紅色、紫色、、、。葉の形や株の姿も様々!葉芸を是非見比べてみて下さい。

 

- 実に成長の遅い植物。手のひらサイズでも10年程度経過しています。展示会では何十年もの歳月を経た銘品クラスを見ることが出来るでしょう。

 

- 水が切れても枯れません!乾燥したり、寒くなると葉が丸まって休眠状態に入ります。環境が良くなるとまた葉を開きます。


<最新のお知らせ>

浜松支部第33回巻柏秋季展示品評会・即売会開催中止のお知らせ
9月14日(土)~18日(水)に浜松支部で予定していました第33回巻柏秋季展示品評会・即売会が、支部の事情により、中止のなりましたので、会員の皆様にご連絡申し上げます。
>> 続きを読む

埼玉大交換会の日程変更についてお知らせ(埼玉支部・事務局より)
 当初8月25日(日)に予定されておりました埼玉支部の大交換会は、会場の都合により延期となりました。新しい日程は9月22日(日)8:30~となります。会場に変更はございません。埼玉県久喜市菖蒲町上大崎の農業者トレーニングセンターとなります。ご承知おきの程、宜しくお願い申し上げます。  なお、この日程変更に伴いまして、毎年恒例となっておりました「来年の巻柏(イワヒバ)カレンダーの写真撮影」を、8月18日(日)の栃木支部の定例交換会で行います。場所は栃木県宇都宮市鐺山1809の栃木植物市場内です。会員の皆様におかれましては、ご自慢の美しい巻柏を栃木支部の8月定例交換会会場にお持ち頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。
>> 続きを読む