か行(か)の品種

鏡獅子(かがみじし)
 天龍からの変化種。龍葉系の大型葉。濃緑色の地合いに砂子斑が入り、夏には白黄色の曙斑が葉先から入り、ほぼ全葉に広がる。  

日照 強日または中日
肥料 普通

昭和62年登録 千葉県君津市 根本 栄


火山(かざん)
 銀星冠の変化種。小枝葉系の中型葉。夏には淡い黄緑色の

地合いに砂子斑を持つ。秋には淡い橙色を掛ける。

日照 中日
肥料 普通

平成20年登録 栃木県佐野市 亀山康夫


春日錦(かすがにしき)
 丹頂の変化種。小枝葉系小型葉。多彩な芸の見られる小葉系の名品種。

日照 中日
肥料 普通

昭和39年登録 埼玉県川口市 富田孝次郎


可児ノ誉(かにのほまれ)
 立浪の変化種。檜葉系大型葉。初夏より葉先に斑が深く入り、紅葉は濃い橙色に染まる。

日照 強日または中日
肥料 普通
平成7年登録 岐阜県可児市 柳生 泰幸

亀綾(かめあや)
 明治31年名鑑に掲載。昭和53年に楊貴妃に統合される。

楊貴妃より大型葉平葉性で下垂する芸がみられない。

日照 中日
肥料 普通

華鳳(かほう)
 青葉で、分岐のごく荒い立葉。二股に分かれた葉がさらにその先で別れる独特の葉形。  

日照 中日
肥料 普通

昭和32年登録 富士宮市 若林 茂


榧ノ雪(かやのゆき)
 檜葉系大型葉で中立葉性。緑色の地合いに白の爪斑と刷毛込み斑を所々につける。紅葉はほとんどみられない。  

日照 
肥料 

明治31年掲載 


唐織(からおり)
 唐花の短葉変種。楊貴妃の如く中立葉、芽だし黄の砂子斑が入り、秋の紅葉は見事。
  

日照 
肥料 

万延元年掲載


唐花(からはな)
 中立葉性でやや荒めの大葉。地合いは緑色で、砂子斑が入り、初夏から葉先に白黄色の曙斑が出て広がる。秋には見事に赤紅色に紅葉する。 

日照 強または中日 
肥料 多め
天保14年掲載

臥龍(がりゅう)
 龍葉系中型葉で平葉性。
龍葉が互いにおおいかぶさった姿となり、丸型になる。

 
日照 中日
肥料 普通

万延元年掲載